So-net無料ブログ作成
検索選択

大学入試・英語長文問題のポイント [英語学習]

国際水準の語学の達人である唐澤幸先生によれば、いまどきの大学入試・英語長文問題は、問題文を全部読むと落ちるように作られているのだそうです。


つまり、相当の実力者でも、問題文を全部読んでいては時間不足に陥り、あせりやパニック等を引き起こして自滅するのです。


問題文を全部読まなくても解答できるような「情報処理能力」を持った受験生を選別するわけですね。


この重要ポイントを理解できているかどうかは、受験勉強の大きな分かれ道です。


理解できていれば、前記の「情報処理能力」を身につけることにより、かなり有利になります。具体的には、


大学受験LSAT式英語長文速解法


に従って、比較的短期間(基本部分は長くて1ヶ月)で身につけることが可能です。大学受験生は参考にしてください。


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。