So-net無料ブログ作成
検索選択

外国語学習の基本 [語学学習全体]


外国語を習得するときの基本は、お手本(つまりネイティブ)の真似をすることでしょう。私たちが赤ちゃんの時に日本語を覚えたやり方も、周囲の人の話す言葉を聞いて真似をしたはずです。何度も真似をするうちに、色々な表現を決まり文句の様に覚えてしまうんですね。だから会話が楽なんです。


一方、学校英語では英文を理屈で理解しようとします。英単語と英文法で、まるで解剖するかのように英文をバラして理解します。このようなアプローチだと、何かを英語でしゃべる時に理屈で英文を作ることになります。


言葉は例外的なことや慣用的なルールがいっぱいあるので、理屈で英文を作ってしゃべるのは非常にたいへんです。しゃべるまでに時間がかかるし、できた英文にも自信を持てません。これが、英語を読めるけれど会話は駄目という人の状態です。


真似をして丸ごと覚えてしまうアプローチだと、一部分を変えるだけで自信をもってしゃべることができます。しかも、レスポンスも早いので会話に有利です。


外国語の会話が苦手だという人は、実際の場面、もしくは場面を想像しながら、表現を丸ごと覚えるようにしてみてください。


タグ:外国語学習
nice!(1) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。