So-net無料ブログ作成
英語学習 ブログトップ
前の10件 | -

英語のリズム [英語学習]


日本語は平坦に発音していく言語ですが、英語にははっきりしたリズムがあります。そして、このリズムがわかっていないと、ネイティブが普通に話す英語のリスニングが非常に難しくなります。


また、英語特有のリズムに乗せて発音しないと、ネイティブが理解しずらい英語になってしまいます。レストランで注文したものと違うものが出てきた、なんていう話は多いですよね。英語のリズムに則っていないからかもしれません。


一方、なまりの強い英語でも、リズムにのせて話すと意外なほどネイティブに理解してもらえるそうです。明らかに標準的な英語とは違う、なまりの強い英語を話し、問題なく会話できている映像をテレビなどでよく目にします。なまりがあっても、リズムが適切ならばネイティブに理解してもらいやすいということです。


英語の学習は耳から入る(音声から入る)のが効率的です。そして、正しい英語の音声を体に覚えさせるべきです。その際に忘れてならないのが、英語特有のリズムなのです。口の形などを詳しく解説した英語発音の教材はいろいろありますが、リズムについてはあまり無いようです。


タグ:英語
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

大学入試の英語について [英語学習]


大学入試の英語で幅を利かせているのが英語長文読解です。直接、文章の内容を問う設問のほかに、長文にかこつけて出される文法問題や熟語問題などもあり、設問の大半は英語長文読解に関連しています。


そして、センター試験をはじめとして、そのボリュームがなかなかのもの。じっくり読んでいたら時間が足りません。


一方で、多くの受験生は、英語の総合力の結果として英語長文読解ができるようになると、何となく漠然と思っているようです。だから、長文問題をひたすら解いてみたりするのです。


たしかに、総合力の結果として英語長文読解力といのも否定できませんが、もっと積極的に英語長文対策を行わないと、確実に攻略することはできないのではないでしょうか。


短期間で英語長文読解問題の対策を行いたい受験生には、LSAT式英語長文速解法という教材をお勧めしておきます。この教材では、英語の達人がどうやって問題を解いていくのかという基本的な考え方が説かれています。自己流は無駄が多いので、きちんとした方法を学んでおくべきでしょう。


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

スピード不足 [英語学習]

長年、英語教育を受けた日本人でも英会話が苦手な理由はいくつかあります。本当にネイティブが使う単語や表現方法を知らないという事もありますが、スピード不足であるという点も大きいですね。


まず、ネイティブの話す英語のスピードに慣れていません。英語は速く話すと音が変ってしまうので、ゆっくりの英語しか聞いていない人には理解できません。


ネイティブが話すスピードに慣れる必要があります。


また、質問されたら瞬間的に反応して答えるスピードも圧倒的に不足しています。自分の知っている英語の範囲内で答える練習が足りないのです。


質問に答えられないと会話になりません。ネイティブが使う英語を覚えるとともに、瞬間的に口から出るようになるまで喋る練習をしましょう。


 


タグ:英会話
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

英語のリスニング(3) [英語学習]

英語のリスニングの練習として、早く読む(つまりリーディング)を行うという方法があります。


英語リスニングの上達には、


① 英語の発音を正しく聞き取る
② 英語の語順のまま意味を理解する


という2つのスキルが必要です。英文を高速にリーディングする練習は、②の練習になります。


TOEICのナレーションは分速150語だそうですが、1分間に150語の英文を読めない人が、TOEICのナレーションを理解できるとは思えません。


英語のリスニングに自信の無い人は、英文を早く読む練習から始めてみるのが良いかもしれません。


 


タグ:英語学習
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

日常英会話の表現を気楽に覚える方法 [英語学習]

英会話の学習を行うのに、「学習の時間」と「それ以外の時間」を分けない方がよいと私は考えています。


語学学習のコツとして、必要な状況で適切な表現を覚えるのが効果的だからです。

「学習の時間」には、その時の気持ちやニーズと全然関係ない表現を知識として学習することになります。人間、特にニーズがない知識はなかなか覚えません。


それよりも、日常生活のなかで発生する会話や動作を利用して英語表現を覚えるのがよいですね。


いま、自分が言った事を英語では何と言うのか?
それを調べて覚えていくのです。


自分のニーズや欲求のあった内容を覚えるので、記憶に残りやすいです。


これを習慣化すると、自分の生活において、英語で言える事が少しずつ増えていきます。必要なことほど何度も確認するので、復習効果も高いですね。


この方法で引っかかるとすれば、次のような点でしょう。


■ 英語表現を調べるための良いテキスト・辞書が手元にあるか?
■ 習慣化するまでの間は面倒くさいかもしれない。


まあ、気楽に実践するのがよいと思います。


タグ:日常英会話
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

大学入試・英語長文問題のポイント [英語学習]

国際水準の語学の達人である唐澤幸先生によれば、いまどきの大学入試・英語長文問題は、問題文を全部読むと落ちるように作られているのだそうです。


つまり、相当の実力者でも、問題文を全部読んでいては時間不足に陥り、あせりやパニック等を引き起こして自滅するのです。


問題文を全部読まなくても解答できるような「情報処理能力」を持った受験生を選別するわけですね。


この重要ポイントを理解できているかどうかは、受験勉強の大きな分かれ道です。


理解できていれば、前記の「情報処理能力」を身につけることにより、かなり有利になります。具体的には、


大学受験LSAT式英語長文速解法


に従って、比較的短期間(基本部分は長くて1ヶ月)で身につけることが可能です。大学受験生は参考にしてください。


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

紛らわしい英単語 [英語学習]

日本語にもありますが、英語にも紛らわしい英単語があります。こういった、紛らわしい知識は、まとめて一気に覚えてしまうのが記憶法の鉄則です。その際、違いについて十分に意識しながら覚えていくことが重要です。


一例として、つぎのよう英単語があります。


sensible (分別のある)
sensitive (敏感な)
sensual (肉体的感覚の)


こういった英単語をばらばらに覚えると、いざという時に混乱します。それは、違いを意識して記憶していないからです。


この手の英単語ままとめて一気に攻略してしまいましょう。


 


タグ:英単語
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

英語の勉強と英語のトレーニング [英語学習]

 

日常英会話をマスターしたい。
ネイティブと会話したい。


それなら、英語の勉強をするのではなく、英語のトレーニングをすることが大事です。勉強とトレーニングは何が違うのか?


勉強は知識を増やすことにウェイトが置かれていますが、トレーニングはよく使われる英語に習熟するためのものです。


勉強では高度な表現をどんどん覚えていったり、例外的な規則を細かく学びます。しかし、簡単でよく使われる表現を話したり聞いたりする練習は非常に少ないのが一般的です。そのため、英語を勉強してもなかなか話せるようになりません。


それに対して、トレーニングは難しい英語や例外的な事は学びません。(学ぶとしても後回しです。)そのかわり、簡単でよく使われる英語を徹底的に練習します。だから、難しい表現は知らなくても直ぐに英語を話せるようになるのです。


英語を話せるようになりたいのであれば、ぜひ、トレーニングを行ってください。


タグ:英語学習
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

英語のリスニング(2) [英語学習]

英語の音は、話されるスピードによって大きく変化します。そのため、ゆっくりした速さで話される英語ばかりでリスニングの練習をしても、実戦では全く役に立たないことがあります。


最近、衝撃的な数字を目にしたのですが・・・


ネイティブの話す英語の一般的な速さが1分間に580語なのに対して、日本国内の英会話スクール等で教えられている英語の平均的な速さは1分間にたった90語なのだそうです。


すごいギャップですね。ふだん90語/分で練習している人がいきなり580語/分の英語を聞いてもついて行けるわけありません。だいたい、音が劇的に変化していて、未知の単語の羅列に聞こえるでしょう。


やはり、自分が目的としている速さの英語でリスニングの練習をしないとだめなのです。


ちなみに、580語/分というスピードはTOEICレベルを上回っているので、このスピードに慣れると、TOEICの英語がゆっくりに聞こえます。


 


nice!(1) 
共通テーマ:資格・学び

英語に“浸る”時間 [英語学習]

英語が上達するためには、英語に“浸る”時間を増やすことが重要です。英会話スクールに通っていても、意外と英語に“浸る”時間は増えません。


例えば、1週間に5時間、スクールで英語の学習をしたとします。1年間で、せいぜい250時間程度にしかなりません。


英語圏の子供がある程度自在に英語を話せるようになるまでには、1万時間以上英語に“浸る”といいます。それと比べると、英会話スクールでの学習時間は少ないですよね。


しかも、多人数のクラスの場合は、英語を話す機会も少なくなります。


つまり、スクールでだけ英語を学習するのではなく、日常生活のなかに英語に“浸る”環境を組み込まないと時間数が足らないのです。


 


タグ:英語学習
nice!(1) 
共通テーマ:資格・学び
前の10件 | - 英語学習 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。