So-net無料ブログ作成
検索選択
英語学習 ブログトップ
- | 次の10件

日常英会話で使われる英単語 [英語学習]

日常英会話で使われる英単語は少ないと言われます。
これは、日本語の日常会話で使われる単語数と比べてです。


正確なデータについては知りませんが、
以前、何かの本で大まかな数字を見た記憶があります。
それによると、


英語の日常会話 ⇒ 約1,000語
日本語の日常会話 ⇒ 約2,000語


もちろん、よく使われる単語と言う意味です。
それにしても、倍くらい違うようです。


だから、英語の方が楽かというと、そうとも言い切れません。


というのは、英語では重要単語(get,take,makeなど)が実にいろいろな使われ方をするので、それを知らないとやさしい単語でも“意味不明”となってしまうからです。


初心者が日常英会話を学ぶ場合は、いたずらに難しい単語を覚えるよりも、簡単な単語を使う英語表現に絞って学習したほうが効果が高いですね。


タグ:日常英会話
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

英語表現を覚えるときのコツ [英語学習]

英語表現を覚えるときには、音声のリスニングをしたり、自分でスピーキングの練習を行いますよね。


ちなみに、文字面だけ見て暗記しても、いざと言う時に口から出てきません。必ず、リスニングやスピーキングの練習をする必要があります。


その練習の時に、いかにその場面に入り込めるかが大事なんです。自分が実際に経験していることであるかのように練習できるかどうかで、効果が大きく変ります。


例えば、買い物をする場面で、


Can I have this?
(これ、ください。)


という表現を覚えるとします。これを単に丸暗記するのと、自分が買い物をしているつもりで身振りを手振りを交えながらスピーキングの練習をするのとでは、習得の度合いが全然違うということです。


英語表現を覚えるときには、喜怒哀楽といった感情まで含めて練習し覚えると効果がありますよ。


 


タグ:英語学習
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

英語表現の丁寧さ [英語学習]

日本人なら、日本語の丁寧な表現も、くだけたラフな表現も知っていますよね。ビジネスなどでくだけた言葉を使えば失礼になりますし、親しい友人とバカ丁寧な言葉を使うのも滑稽ですね。


つまり、その場に応じて適切な丁寧さの表現を使わないとマズイのです。


ところで、学校や英会話スクールで習う英語の丁寧さって、考えたことありますか?


初学者はもちろん、英語の中級者でもあまり意識した事がないのではないでしょうか。知識として覚えるのも大変ですし・・・。


しかし、海外に行ってネイティブと会話するときには、意識せざるを得なくなるようです。日本で標準的に教えられている英語表現は、バカ丁寧すぎて身近な仲間と話すのにはそぐわないのです。


このへんの事情の詳細は、【Everyday English Phrases】という教材で学べますので、参考にしてください。


タグ:英語表現
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

リスニング学習のコツ [英語学習]

前々回記事で、英語のリスニングは次の2段階に若手考えるとよいと述べました。


● 英語の音を正確に聞き取る
● 意味を理解する


英語固有の音を聞き分けられるようになったら、その次の段階として高速に意味を理解するトレーニングが必要です。


英語の語順は日本語とは全然異なるため、英語の語順のまま理解できるようにしないと、ネイティブのスピードについていけません。


これは、意味の把握を単語レベルで行っていると、非常に困難です。


単語の塊り、フレーズ単位の意味を把握するようにしなければなりません。


これは、リスニングだけでなく、スピーキングにも効果が大きいんですね。単語レベルから文を組み立てる必要がないから、スムーズに話せるわけです。


英語学習においては、フレーズ単位の(聞く/話す)の習熟度を高めるように心がけてみてください。


 


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

英語の長文速読(大学入試) [英語学習]

大学入試で最も幅を利かせている科目は英語です。そして、その英語の問題の大半を占めるのが、長文にからむ問題です。


ということは、英語長文問題を攻略する事が合格に直結するわけです。


一方、長い英語を素早く読んで理解するスキルは、基礎的な知識を習得した上で繰り返し速読の練習を行って身につくものと思われています。


ところが、この英語長文速読を事務処理的に行ってしまう方法があるのです。


「大学受験LSAT式英語長文速解法」


というのですが、TOEFL世界第3位の実力者が伝授する方法です。14時間で攻略できるそうです。


nice!(1) 
共通テーマ:学校

英語のリスニング [英語学習]

英語のリスニングに苦手意識のある人は多いですね。英語のリスニングには、


① 英語の音を正確に聞き取る
② 意味を理解する


という2つの側面があります。リスニング初心者が①②を同時にマスターしようとするのは、あまり効率がよくありません。例えば、②を気にしていると①に集中できなくなり、①の上達を遅らせるからです。


一般的には、①の練習を最初に行い、ある程度上達してから②の練習に入るのがよいと思います。①の練習のときに意味を考えないで、音の聞き分けに集中するのがポイントです。


ところで、英語には日本語に無い音が幾つもあります。しかも、英語と日本語では使用する音の周波数帯が全く異なることが知られています。英語の音の方が周波数が高いんですね。


日本人が英語のリスニングを苦手としている1因がそこにあります。そして、英語の音を聞き分ける能力は、12歳頃までに身につけないと一生習得できないと言われていました。


しかし、現在では“失われた能力”を復活させる方法が開発されています。その方法は【リスニングパワー】という教材で体験する事ができます。興味のある方は実践してみると良いかもしれません。


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び
- | 次の10件 英語学習 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。